大学受験予備校の四谷学院の費用はどれくらいなの?

スマホ教材は通信費は自己負担、コンテンツ利用料などは無料

諸経費の中には各種進路情報冊子代やプリント代、光熱費や冷暖房費、通信費などが含まれます。
科目別能力別授業や55段階個別指導のテキスト代は、学費に含まれているので別途費用はかかりません。
ただし地歴公民の55段階演習教材は国公立二次・私大用で5,000円、センター用で3,000円が別途かかります。
地図帳やデータブック、図説や資料などは必要に応じて自分で購入することになります。
スマホ教材は、通信費は自己負担となりますが、コンテンツ利用料などは無料です。
55段階のオプションにかかる専用教材は、英単熟語が10,000円でライティングと古文単語は各5,000円です。
他にも55段階オプションとして、スピーキングがあります。
スピーキングとは55英語の時間に20分間のスピーキング指導が受けられるオプションで、指導を受けられる内容は英検3級から準1級の面接試験対策となっています。
料金は全納で58,890円で、分割にすると第一回の支払いが21,060円、第二回の支払いが37,830円です。
高校3年生コースの入学金は32,400円です。
高校3年生コースの授業料は、1コマの場合は110,200円、2コマでは217,500円、3コマは316,100円、4コマは400,200円、5コマは472,700円、6コマは545,200円となります。

四谷学院は、どれくらいの費用がかかるのかスマホ教材は通信費は自己負担、コンテンツ利用料などは無料高校卒業生コースの入学金は100,000円、目指す志望校ごとに料金が異なります

予備校志学館予備校: 奈良で予備校なら