大学受験予備校の四谷学院の費用はどれくらいなの?

高校卒業生コースの入学金は100,000円、目指す志望校ごとに料金が異なります

四谷学院は、どれくらいの費用がかかるのかスマホ教材は通信費は自己負担、コンテンツ利用料などは無料高校卒業生コースの入学金は100,000円、目指す志望校ごとに料金が異なります

またそれ以上になると割引が適用されるので、週7の場合は496,480円、週8では542,880円、週9は591,600円、週10は640,320円、週11は689,040円、週12は737,760円です。
その他に高校3年生コースではプリント代や光熱費、冷暖房費や通信費などが含まれる諸経費が29,000円かかります。
高校卒業生コースの入学金は100,000円で、学費は目指す志望校ごとに料金が異なります。
東大理系や京大理系、東工大など理系の最難関大学を目指すコースの授業料は、年間630,000円です。
それ以外の国公立理系コースは、4・5教科型は630,000円、3教科型は610,000円です。
東大医学部や京大医学部をはじめ、各国公立医学部を目指すコースの授業料は、630,000円となっています。
早慶理系、関関同立理系など私大理系コースの授業料は、理科2科目型は620,000円、理科1科目型は610,000円です。
他にも私立医学部は620,000円、私立薬学部は610,000円、私立歯学部などは610,000円となっています。
文系の授業料を見てみると、東大文系や京大文系、一橋大などの最難関大学志望のコースは、625,000円です。
国公立文系は4・5教科型は625,000円、3教科型は610,000です。
早慶文系や関関同立文系、私立文系コースの授業料は625,000円となっています。
その他に高校卒業生コースには、特設ゼミや単科ゼミ、55オプションなどを受講することができます。
1クラス1〜5名程度に限定した授業を行っている医学部特設ゼミの料金は、全21回で350,000円です。
他にも全20回、42,000円の小論文単科ゼミや医学部や歯学部、薬学部希望の方に向けた全22回、42,000円の55医系小論文などのオプションがあります。
さらに64,800円の授業料がかかるゼロからゼミや30,000円〜47,500円の基礎からの理数演習ゼミなどがあり、必要に応じて利用することができます。